webpackでTypeScript+Vueをcompileする設定

なんとも大変なwebpackとtsの設定ファイル

今回初めて、TypeScriptVueを一緒に使ってみようと思い立ち、設定をしてみたのですが、まぁこれが大変でした。
自分自身がフロントエンド周りに疎いということもありますが、色々出てくる情報を参考にしても、versionが合ってないことが多々あり、エラーで引っかかるということが多くありました。

今回の自分の環境

node 12.0.0
npm 6.9.0
webpack 5.24.2
webpack-cli 4.5.0
typescript 4.2.2
vue 2.6.12

package.jsonの設定

まずはnpm installする際のpackage.jsonを設定します。とりあえず、最低限だけ記載しておきます。

{
  "name": "",
  "version": "1.0.0",
  "scripts": {
    "build": "webpack",
    "watch": "webpack -w"
  },
  "browser": {
    "vue": "vue/dist/vue.common.js"
  },
  "type": "module",
  "license": "ISC",
  "dependencies": {
    "vue": "^2.6.12"
  },
  "devDependencies": {
    "typescript": "^4.2.2",
    "ts-loader": "^8.0.17",
    "webpack": "^5.24.2",
    "webpack-cli": "^4.5.0"
  }
}

webpack.config.jsの設定

続いて、webpack.config.jsの中身。webpackを使用するのに必要です。

const path = require('path');
const glob = require("glob");

const dir = path.resolve(__dirname, "proj/assets/ts")
const entries = glob
  .sync("**/*.ts", {
      cwd: dir
  })
  .map(function (key) {
      return [key.replace(/\.(ts|tsx)/g, ''), path.resolve(dir, key)];
  });

module.exports = {
    mode: "development",
    entry: Object.fromEntries(entries),
    output: {
        filename: '[name].bundle.js',
        path: `${__dirname}/proj/static/js/dist`
    },
    module: {
        rules: [
            {
                test: /\.ts$/,
                use: "ts-loader"
            }
        ]
    },
    resolve: {
        extensions: ['.js', '.vue', '.json', '.ts'],
        alias: {
            vue: "vue/dist/vue.common.js"
        }
    },
    target: ["web", "es5"],
};

ポイント1. entryを各ファイル毎に分ける

entryにコンパイルしたいtsファイルへのパスを通すのですが、割と多かったのが以下のような書き方で、ファイルを一つに纏めてしまうというやり方でした。

const entries = glob.sync(path.resolve(__dirname, "proj/assets/ts/**/*.ts"));

もちろん、このやり方でも良いのですが、自分は出力ファイルを分けたかったので、上記のような設定にしたのですが、この書き方が分からずに大分ハマりました。

ポイント2. resolveのaliasにvueのパスを通す

こちら、色々な例が出ていまして、vue$: とするだとか、node_modules/vue/dist/vue.common.js とするだとか、色々あり、どれで試しても特にエラーなどが出ない為に、非常に混乱しました。。

結果として、vue: “vue/dist/vue.common.js” に落ち着きました。

tsconfig.jsonの設定

最後に、tsconfig.jsonの中身。TypeScriptをコンパイルする際のオプション。

そもそも、元々、自分はこのファイルが必要なのか分からなかったです。。最初gulpを使って、そちらにオプションを書いていたというのもあったのですが、ずっとこのファイルがなくても、コンパイルエラーにもならないし、何が問題なのか分からずで、このファイルを後から追加してみたという感じでした。

{
  "compilerOptions": {
    "sourceMap": true,
    "target": "es5",
    "module": "es2015",
    "lib": [
      "dom",
      "es2020"
    ],
    "moduleResolution": "node",
    "allowSyntheticDefaultImports": true,
    "experimentalDecorators": true,
    "emitDecoratorMetadata": true
  }
}

ポイント. moduleResolutionの設定

自分の中でのポイントはmoduleResolutionにnodeを設定するということです。意外とこれが書かれている参考ページがなくて、node_modulesの中身が読めていないようでした。

以上で、とりあえずTypeScriptとVueのファイルをコンパイルすることに成功し、動かすことが出来ました!
上記のファイルに加えて、nodeのversionもかなり重要だと思います。他versionでは通らないかもしれないので、十分注意してください。

最後に

node周りはversionが合ってないと全然通らないということが結構あって、かなり大変ですね。。

自分自身でもちゃんと使っているもののversionを記していこうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です