MQLで日本時間を取得する関数を作りました

MQLだと日本時間を簡単に取れない

MQLを使っているとGMTを取る関数は用意されているものの、JSTを取る関数は用意されていません。
そこで、JSTを取る為の関数を用意しました。

やり方としては、MT4で取得できる現在時間とGMTとの差分を取り、現在時間に足してやるという方法です。
こうすることで、MT4側では証券会社が設定したローカルな現在時間との差分を埋めて、日本時間にすることが出来るというわけです。


最後に

為替をやっていると変動しやすい曜日や時間帯などあるので、こういった便利関数を用意しておくと、MQLも書きやすいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です